ピアノ買取

MENU

ピアノの買取で高く売るコツ

長く愛用したピアノだから少しでも高く買い取ってもらいたい。

しばらく使っていないピアノを納得のいく値段で買取ってほしい。
古いピアノだけどできることなら少しでも高く買い取ってもらいたい。

 

ここでは、ピアノを少しでも高く売るコツや買取り可能なピアノの種類などをご紹介します。

ピアノを高く売るコツ

ピアノの買取比較サイトを利用する

少しでもピアノを高く売る方法として必ずやってほしいことがあります。

 

それは、複数のピアノ買取業者に査定をしてもらうことです。

 

ピアノ買取価格は、ピアノ買取業者によって価格が大きく変わってきます。

 

ピアノ買取業者によって買取価格が変わる3つのポイントがあります。

得意とするピアノモデルが業者ごとに異なる
ピアノ買取業者ごとに販売ルートが異なる
ある特定のメーカーに強い業者がそれぞれ異なる

など、ピアノ買取業者によって得意とする分野が違うのでピアノの買取価格に差が生じるのです。

 

ここで思うのが「ピアノ買取業者を1社ずつ探して査定してもらうのは大変」って思いますよね。

 

1社ずつ探す労力を使わずに複数の業者に一括査定ができるサービスがあります。

 

それが『ピアノ買取無料一括査定サービス』です。

ピアノ買取無料一括査定サービスのメリット

ピアノ買取無料一括査定サービスのメリット

ピアノ買取無料一括査定サービスは、複数社のピアノ買取業者と提携しているので、このサービスを利用することで、あなたの大切なピアノを複数の会社に無料で一括査定依頼ができます。

 

あとは一番高く査定をしてくれたピアノ買取業者にお願いするだけです。
そうすることで、ピアノを確実に高く買い取ってもらえます。

 

また、一括査定したからといって必ずピアノを買い取って貰わなければいけない、ということはありません。
まずはピアノの買取が可能かどうか調べる目的で利用するのもいいでしょう。

 

ピアノ一括査定を依頼するなら、優良なピアノ買取業者しか提携しない「ズバット ピアノ買取比較」がおすすめです。

 

ズバット ピアノ買取比較

今すぐピアノ買取価格を比較する!

ピアノをクリーニングする

ピアノをクリーニングする

 

ピアノ買取業者が査定に伺う前に、できるだけピアノを綺麗にしておきましょう。

 

ピアノ掃除業者に依頼するまではしなくて大丈夫ですが、ホコリや指紋などは拭き取ってください。

【ピアノ塗装面の手入れ方法】

表面についたホコリなどはピアノ専用の羽毛や柔らかい布で軽く払います。

 

もし、ピアノ専用のクリーニング剤がある場合は、それを使用してピアノを綺麗に仕上げましょう。

【ピアノ鍵盤の手入れ方法】

ピアノ鍵盤の手入れ方法

専用クロスや柔らかい布で鍵盤に付いている指紋や汚れを丁寧に拭きましょう。

 

しつこい汚れがある場合は、固く絞った布で水拭きしたのち、乾いた布でから拭きしてください。

 

あまりに頑固な汚れがある場合は、自分でやると逆に傷を付けてしまう恐れがあるので、そのままの方がいい場合もあります。

 

ピアノを軽く掃除するだけでも、第一印象が大きく変わるので、必ずクリーニングをしてあげてください。

ピアノの付属品を揃える

ピアノの付属品の有無で査定に大きく影響することはほとんどありませんが、たまに査定額が変わることもあります。

 

必ずしも高価買取に結びつくとはいえませんが、純正のカバーや椅子、補助ペダルがある場合は、査定時に揃えておくといいでしょう。

ピアノの買取一括査定の流れ

ピアノの買取一括査定の流れ

 

ピアノの一括査定の流れはとても簡単です。

【ステップ1】ピアノの査定依頼

【ステップ1】ピアノの査定依頼

「ズバット ピアノ買取比較」のサイトから、ピアノとお客様情報を入力します。

 

少しでも高く査定してもらうには、なるべく正確なピアノの情報を入力するようにしましょう。

 

事前にピアノのメーカーや機種名、製造番号などを控えてから入力するとスムーズになります。

【ステップ2】査定額を比較・検討

【ステップ2】査定額を比較・検討

依頼後、あなたの条件に合ったピアノ買取業者から連絡が入ります。

 

各ピアノ買取業者の査定額やサービス内容、スタッフ対応など十分に比較してから、買取依頼したい業者を選びます。

 

ピアノの状態や買取業者によっては、買取前の調律やクリーニングが必要になるケースもあるため、事前に確認しておくといいでしょう。

【ステップ3】希望にあった業者を選択

【ステップ3】希望にあった業者を選択

比較した中から、あなたの希望にあった業者を見つけた場合は、その業者に買取依頼をしましょう。

 

あとは買取り代金の支払い方法や、引き取りの日程などをやりとりを行い買取完了となります。

まずは、無料のピアノ買取比較サイトで最高値をチェック!

ピアノ買取比較の業界NO1サイト「ズバット ピアノ買取比較」で、一番高く買い取ってくれるピアノ買取業者を見つけられる!

ズバット ピアノ買取比較

今すぐピアノ買取価格を比較する!

ズバット ピアノ買取比較が国内No1サイトの理由

ズバット ピアノ買取比較が国内No1サイトの理由

「ズバット ピアノ買取比較」は、2003年11月にサービスを開始して、累計20万人の方に利用されているピアノ一括査定を請け負っているサイトです。

 

その後、似たようなサイトを他企業が展開してきましたが、ピアノ買取業者の提携数やサービスの質において「ズバット ピアノ買取比較」を超えるサイトはありません。

 

その理由はやはり、2003年からサービスを開始してきた老舗的存在と、運営経験からサービスを向上させ続けてきた顧客満足度の高さからくるものです。

 

「ズバット ピアノ買取比較」の特徴は以下の通りです。

執拗な営業電話がない

「ズバット ピアノ買取比較」は、執拗な営業電話が一切ありません。

 

営業電話が一番ユーザーが嫌う要因であることを運営経験から得ているからです。

 

提携するピアノ買取業者も全て受け入れているわけではありません。

 

「ズバット ピアノ買取比較」の審査基準のもと、全国に数あるピアノ買取会社の中から、紳士的に査定を行う、厳選された優良ピアノ買取会社だけと提携しているので悪質な営業電話をしてくる業者が一社もないのです。

 

また、優良ピアノ買取会社だからこそできる、一人暮らしの女性やご高齢の方、ピアノの買取相場の知識がない人でも、安心して査定を依頼することができます。

ピアノ買取地域は日本全国をカバー

「ズバット ピアノ買取比較」が提携している優良ピアノ買取会社は、一部の地域のみ対応するのではなく、北は北海道から、南は九州・沖縄まで、日本全国をカバーできる会社となっています。

 

たとえ、今のお住いの近所にピアノ買取業者がいなくても「ズバット ピアノ買取比較」を利用することで見つけることが可能です。

 

ズバット ピアノ買取比較

今すぐピアノ買取価格を比較する!

 

ピアノの寿命について

ピアノの寿命について

 

ピアノが家に眠っているけど、相当昔に購入したものだから売れるか心配する人もいるかと思います。

 

そもそもピアノの寿命はどれくらいなのか調べてみました。

ピアノの寿命は人の寿命と同じ

ピアノの寿命を調べてみると30年しか持たないとか、100年以上もつなど様々な情報が飛び交っていました。

 

色々調べていく中で一番しっくりときた答えを書いていたのが「渡辺ピアノ調律事務所」さんです。

「国産ピアノの寿命は何年くらい?」と聞かれたら、私は「人間と同じくらいです」とお答えしています。日本人の平均寿命は概ね80際前後ですが、不摂生や病気等で若くして30代40代で生涯を終える事もあれば、100歳を超えて元気な場合もあります。ピアノも同様に、必ず何年という事は言えないのです。
引用文:渡辺ピアノ調律事務所

 

確かに、ピアノを雑に扱えば寿命も短かくなりますし、愛情をもってメンテンスしてあげたピアノは100年以上持つと思います。

 

普通に使っている分には50年~80年くらいは持つと思って良いかもしれません。

 

ただ、私たちが病気になって医者に診て貰うように、ピアノの保存状態などはピアノ業者に診断してもらわないと分からない部分が多い物です。

 

相当昔に買ったピアノだから買取できないだろうと自分で判断せず、まずはプロの人にピアノ査定をしてもらうことで以外と買い取って貰えることもあります。

 

もし捨てる予定だったピアノを持っている場合は、一度ピアノ買取業者に査定をしてもらってみるのもいいかもしれません。

ピアノ買取に関するよくある質問

ピアノ買取業者に差はありますか?

ピアノを査定する方法はどの業者も似たようなものですが、同じ条件でもピアノ買取業者によって査定額が変わってきます。

 

その理由としては、各社の「査定基準」や「販売ルート」などにより、同じピアノでも査定結果が変わってくるからです。

 

また、ピアノ搬出・搬入の際の費用は各社とも異なってくるので、査定結果に差が生じてきます。

 

なので、まずはピアノ買取比較で複数社からピアノ査定の見積額を提示してもらってから、検討することをオススメします。

ピアノ買取会社に見積もり依頼をしたら引取料金がかかると言われてしまいました。

ピアノ買取会社によっては、値段が付かないピアノに対しては引取料金がかかる会社もあります。

 

引き取り後のメンテナンスに費用が掛かるなどの理由で採算が取れない場合はそういったケースもあるそうです。

 

逆に、自社に調律師や修繕者のプロがいる会社は、外部にメンテナンス依頼をする必要がないため、無料引取または買い取ってくれることもあります。

 

ピアノ買取のコツは1社のみに査定依頼をするのではなく、必ず複数社から査定依頼をすることです。

 

そうすることで自分に合った会社が見つかる確率がとても高くなり満足のいく取引をすることができるようになります。